コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京葉工業地帯 ケイヨウコウギョウチタイ

大辞林 第三版の解説

けいようこうぎょうちたい【京葉工業地帯】

東京湾の東岸、千葉県浦安から千葉・市原を経て富津ふつつに至る沿岸の海面を埋め立てて形成された臨海工業地帯。鉄鋼・石油コンビナート・火力発電を中核とする重化学工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

京葉工業地帯の関連キーワード千葉県木更津市千葉県袖ケ浦市千葉県千葉市千葉県浦安市千葉県市原市千葉県君津市千葉県船橋市千葉県市川市友納 武人鑽井盆地総武本線火力発電千葉銀行袖ヶ浦印旛沼千葉県養老川行徳中核市原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京葉工業地帯の関連情報