コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友誼関 ゆうぎかん

3件 の用語解説(友誼関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友誼関
ゆうぎかん

「ユーイーコワン (友誼関)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうぎかん【友誼関 Yŏu yì guān】

中国南部,広西チワン(壮)族自治区西端,憑祥(ひようしよう)市の南西にある。明代初めに鶏陵関が設けられ,清の初めに鎮南関に改称,1953年睦南関に改められた。明の洪武年間(1368‐98)に左右の岩山の間の谷に関が設けられたが,中法(清朝とフランス)戦争,抗日戦争のたびに破壊・焼失した。1907年(光緒33)孫文みずから指揮する中国同盟会軍が,この要塞を攻撃し,武器弾薬を奪取し人心の高揚をはかった,いわゆる〈鎮南関事件〉の舞台となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

友誼関
ゆうぎかん / ユーイーコワン

中国、広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区南西部、憑祥(ひょうしょう/ピンシヤン)市の南西にあるベトナムとの国境の町。明(みん)初に鶏陵(けいりょう)関が設けられ、のち大南関、界首関と改称した。清(しん)初以後は鎮南関とよばれたが、1953年睦南(ぼくなん)関、65年に中国・ベトナムの友好と団結を表す意味で友誼関と改めた。中国からベトナムへの交通の要所で湘桂(しょうけい)鉄道が通じる。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

友誼関の関連キーワード広西壮族自治区西江華南南嶺山脈広西チワン族広西チワン族自治区チワン語チワン族(壮族)桂西チワン族自治区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone