コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友誼関 ゆうぎかんYŏu yì guān

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうぎかん【友誼関 Yŏu yì guān】

中国南部,広西チワン(壮)族自治区西端,憑祥(ひようしよう)市の南西にある。明代初めに鶏陵関が設けられ,清の初めに鎮南関改称,1953年睦南関に改められた。明の洪武年間(1368‐98)に左右の岩山の間の谷に関が設けられたが,中法(清朝とフランス)戦争,抗日戦争のたびに破壊・焼失した。1907年(光緒33)孫文みずから指揮する中国同盟会軍が,この要塞を攻撃し,武器弾薬を奪取し人心の高揚をはかった,いわゆる〈鎮南関事件〉の舞台となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友誼関
ゆうぎかん

ユーイーコワン(友誼関)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

友誼関
ゆうぎかん / ユーイーコワン

中国、広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区南西部、憑祥(ひょうしょう/ピンシヤン)市の南西にあるベトナムとの国境の町。明(みん)初に鶏陵(けいりょう)関が設けられ、のち大南関、界首関と改称した。清(しん)初以後は鎮南関とよばれたが、1953年睦南(ぼくなん)関、65年に中国・ベトナムの友好と団結を表す意味で友誼関と改めた。中国からベトナムへの交通の要所で湘桂(しょうけい)鉄道が通じる。[青木千枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

友誼関の関連キーワード広西(チワン族自治区)シヤンクイ(湘桂)鉄道ピンシヤン(憑祥)市ランソン省バクニンハノイ柳州桂林南寧衡陽湛江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android