コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双性イオン そうせいイオンzwitter ion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双性イオン
そうせいイオン
zwitter ion

酸としても塩基としも作用しうるものを両性電解質という。たとえば,最も簡単なアミノ酸であるグリシンは酸として H2N・CH2COOH⇔H2N・CH2COO-+H+ ,また塩基として H2N・CH2COOH+H+⇔H3+N・CH2COOH のように作用し,プロトン供与体 (酸) ,プロトン受容体 (塩基) としての両方の働きをする。この両反応が同時に生じたとき H3+N・CH2COO- (みかけはプロトンカルボキシル基よりアミノ基へ移動した形) のように1分子内に正,負の両電荷をもつようなイオンが生じる。このような形のものを双性イオン,あるいは両性イオンという。双性イオンは分子全体としては中性である。アミノ酸の重合体である蛋白質も一種の巨大双性イオンと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

双性イオンの関連情報