両性電解質(読み)リョウセイデンカイシツ

百科事典マイペディアの解説

両性電解質【りょうせいでんかいしつ】

酸性溶液中では塩基としての性質,塩基性溶液中では酸としての性質を示す電解質。たとえば水酸化アルミニウムは酸性溶液中ではAl(OH)3として電離しOH(-/)を生じ,塩基性溶液中ではH3AlO3として電離しH(+/)を生じる。ほかに亜ヒ酸,水酸化亜鉛,アミノ酸など。
→関連項目両性化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りょうせいでんかいしつ【両性電解質】

酸性溶液中では塩基としてはたらき、塩基性溶液中では酸としてはたらく電解質。水酸化アルミニウム・アミノ酸などはその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android