両性電解質(読み)りょうせいでんかいしつ

百科事典マイペディア「両性電解質」の解説

両性電解質【りょうせいでんかいしつ】

酸性溶液中では塩基としての性質塩基性溶液中ではとしての性質を示す電解質。たとえば水酸化アルミニウムは酸性溶液中ではAl(OH3として電離しOH(-/)を生じ,塩基性溶液中ではH3AlO3として電離しH(+/)を生じる。ほかに亜ヒ酸水酸化亜鉛アミノ酸など。
→関連項目両性化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版「両性電解質」の解説

両性電解質
リョウセイデンカイシツ
amphoteric electrolyte

酸性の溶液に対しては塩基の作用をし,塩基性の溶液に対しては酸の作用をする電解質.たとえば,水酸化亜鉛は,酸性溶液中ではZn(OH)2として塩基の性質を示し,逆に塩基性溶液中ではH2ZnO2として酸の性質を示す.水酸化アルミニウム,亜ヒ酸,アミノ酸,タンパク質なども両性電解質である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「両性電解質」の解説

両性電解質

 一つの分子で,酸性の性質とアルカリ性の性質をもつ物質.たとえばアミノ酸など.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android