両性電解質(読み)リョウセイデンカイシツ

百科事典マイペディアの解説

両性電解質【りょうせいでんかいしつ】

酸性溶液中では塩基としての性質,塩基性溶液中では酸としての性質を示す電解質。たとえば水酸化アルミニウムは酸性溶液中ではAl(OH)3として電離しOH(-/)を生じ,塩基性溶液中ではH3AlO3として電離しH(+/)を生じる。ほかに亜ヒ酸,水酸化亜鉛,アミノ酸など。
→関連項目両性化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りょうせいでんかいしつ【両性電解質】

酸性溶液中では塩基としてはたらき、塩基性溶液中では酸としてはたらく電解質。水酸化アルミニウム・アミノ酸などはその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうせい‐でんかいしつ リャウセイ‥【両性電解質】

〘名〙 水溶液にイオンとなって溶解する物質で、酸性溶液には塩基として、アルカリ性溶液には酸として溶解するもの。アミノ酸、タンパク質、アルミニウムや亜鉛水酸化物など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android