反応度事故(読み)はんのうどじこ(英語表記)reactivity accident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反応度事故
はんのうどじこ
reactivity accident

原子炉に何らかの原因により計画外の正の反応度が加えられ,核分裂出力が急上昇すること。反応度とは原子炉が定常な核分裂連鎖反応状態からずれている程度を示す量で,1回の核分裂反応による中性子の増倍率を keff とするとき (keff-1/keff) で定義される。反応度事故の原因としては,運転員の誤操作により,制御棒の異常な引き抜きが行なわれたり,制御棒駆動系が壊れて制御棒が急激に抜け出すことなどがある。出力が急上昇すると,核燃料が高温になり溶融する可能性がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はんのうどじこ【反応度事故】

核分裂連鎖反応が爆発的に進行して制御できなくなる原発事故。大事故になる危険性が高い。チェルノブイリ原発事故はその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android