コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反求 はんきゅう

大辞林 第三版の解説

はんきゅう【反求】

( 名 ) スル
事の原因を自分にもとめて責めること。反省。 「他国に及ばざるを知て汲々-するの志愛すべきに非ずや/新聞雑誌 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反求の関連キーワード朝比奈所左衛門早野流水綾部絅斎石崎長久丹羽一学柳沢維賢他国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android