コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反町茂雄 そりまち しげお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

反町茂雄 そりまち-しげお

1901-1991 昭和時代の書誌学者,古書籍商。
明治34年8月28日生まれ。昭和2年東京神田の古書店一誠堂書店に東京帝大出の店員としてはいる。7年店舗をもたない目録販売の古書肆(しょし)弘文荘を設立する。埋もれた古典籍の目ききとして知られ,松尾芭蕉の「貝おほひ」,「為家本土佐日記」などを発掘した。平成3年9月4日死去。90歳。新潟県出身。著作に「日本の古典籍」「一古書肆の思い出」など。
【格言など】借金はすまい,人は傭うまい,安い本・平凡な本は扱うまい(弘文荘の営業方針)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

反町茂雄の関連キーワード古典籍写本

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android