コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反町茂雄 そりまち しげお

1件 の用語解説(反町茂雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

反町茂雄 そりまち-しげお

1901-1991 昭和時代の書誌学者,古書籍商。
明治34年8月28日生まれ。昭和2年東京神田の古書店一誠堂書店に東京帝大出の店員としてはいる。7年店舗をもたない目録販売の古書肆(しょし)弘文荘を設立する。埋もれた古典籍の目ききとして知られ,松尾芭蕉の「貝おほひ」,「為家本土佐日記」などを発掘した。平成3年9月4日死去。90歳。新潟県出身。著作に「日本の古典籍」「一古書肆の思い出」など。
【格言など】借金はすまい,人は傭うまい,安い本・平凡な本は扱うまい(弘文荘の営業方針)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

反町茂雄の関連キーワードユーゴ紛争正岡子規畑知子世界の国旗習字山本智美西原さおりいまどきのこども検屍官近い外国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反町茂雄の関連情報