反訳(読み)はんやく

精選版 日本国語大辞典「反訳」の解説

はん‐やく【反訳】

〘名〙
※玉石志林(1861‐64)一「此れは、日本名のボニン反モニンジマの名を簡易に反訳せるにて」
② 一度翻訳されたことばを、またもとのことばにもどすこと。また、速記されたことばを普通の文字に書きなおすこと。
※刑事訴訟規則(1948)五二条「すみやかに速記原本を反訳して速記録を作らなければならない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「反訳」の解説

はん‐やく【反訳】

[名](スル)
翻訳ほんやく」に同じ。
「面白からんと思う新説など萃し、之を―して載せ」〈田中館愛橘・羅馬字意見〉
一度翻訳された言葉をもとの言葉に戻すこと。また、速記で書きとった符号を普通の文字に書きなおすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android