田中館愛橘(読み)たなかだて あいきつ

  • 1856―1952
  • たなかだてあいきつ
  • 田中館愛橘 たなかだて-あいきつ

百科事典マイペディアの解説

物理学者。岩手県生れ。東大物理学科を卒業後英国,ドイツに留学し1891年―1917年東大教授。地磁気・地震を研究し日本の地球物理学確立に尽力木村栄らを指導して水沢緯度観測所をつくった。また草創期の航空研究にも活躍,帝国学士院会員,貴族院議員として,震災予防会,東大航空研究所等の設立に貢献,メートル法普及,ローマ字の普及にも努めた。1944年文化勲章。
→関連項目二戸[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1856-1952 明治-昭和時代前期の物理学者。
安政3年9月18日生まれ。イギリス,ドイツ留学後,明治24年帝国大学教授。日本各地で重力・地磁気を測定し,32年岩手県水沢に緯度観測所を設立。航空分野での開拓的研究,メートル法や日本式ローマ字つづりの普及にもつくした。貴族院議員。昭和19年文化勲章。昭和27年5月21日死去。95歳。陸奥(むつ)二戸郡(岩手県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1856‐1952(安政3‐昭和27)
物理学者。岩手県福岡町の生れ。14歳のとき盛岡に出て藩校などで和漢学を学び,1872年に上京,慶応義塾英語学校,開成学校などを経て,78年東京大学理学部に入学。82年卒業し,翌年同大学助教授に就任。88年から私費でヨーロッパへ留学,グラスゴー大学ではW.トムソン(ケルビン)に師事した。91年に帰国,同年帝国大学理科大学教授となり,1917年までその職にあった。学生時代からT.C.メンデンホールの指導と影響の下に各地の重力測定を行い,次いで地磁気測定に従事した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]安政3(1856).9.18. 岩手
[没]1952.5.21. 東京
物理学者。東京帝国大学理学部物理学科を卒業 (1882) 。 1889年から2年間イギリスとドイツに留学。東京帝国大学教授として物理学を担当 (91~1917) 。 93~96年日本全国の地磁気測量を行い,震災予防調査会 (1892) ,緯度観測所 (99) ,航空研究所 (1921) などの設立などに貢献。熱心な日本式ローマ字論者でもあった (→日本式綴り方 ) 。 1944年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理学者。陸奥国(むつのくに)二戸(にのへ)郡福岡(岩手県二戸市)生まれ。家は代々南部藩兵法師範を勤めた。藩校で和漢学を修め、1872年(明治5)父稲蔵の教育方針により一家をあげて上京。慶応義塾、外国語学校で英語を学び、東京開成学校大学予科から、1878年東京大学理学部に入学、菊池大麓(だいろく)、山川健次郎(1854―1931)、お雇い外人教師ユーイング、メンデンホールらに学んだ。外人教師の指導の下に重力測定、地磁気測定に取り組み、またエジソンのフォノグラフ発明後、ただちにその試作を行い、音響や振動の解析を手がけた。これがローマ字への関心の端緒となり、のちにローマ字運動の指導者ともなった。1882年卒業とともに準助教授、1883年助教授。1887年全国地磁気測定では日本の南半、朝鮮半島南部の測定を担当した。1888年イギリス、グラスゴー大学に留学、ケルビンに師事し、ついでベルリン大学に転じ、1891年帰国し帝国大学理科大学(現、東京大学理学部)教授となった。この年10月の濃尾地震(のうびじしん)では震源地調査を行い、岐阜県根尾谷(ねおだに)の大断層を世界に紹介し大きな話題をよんだ。これを機に地震の予防策を議会に建議し、翌1892年文部省に震災予防調査会が設置されると委員として活躍。木村栄(ひさし)らを指導して岩手県水沢に緯度観測所(現、国立天文台水沢VLBI観測所)を設立するなど、日本の地球物理学の確立に尽くした。1917年(大正6)還暦を機に退官、その後の定年制の先駆となった。航空力学の開拓的研究もあり、東京帝国大学航空学調査委員長、帝国学士院会員、学術研究会議委員、貴族院議員など要職にあって、科学・技術の振興に尽くすとともに、国際的な科学の交流に精力的に取り組んだ。一方、科学の普及・啓蒙(けいもう)のため通俗講演に力を注ぎ、さらに1907年(明治40)日本人初の国際度量衡委員会委員に就任、メートル法の普及にも努めた。日本物理学界の指導者としてその確立に貢献し、1944年(昭和19)文化勲章を受けた。多数の論文のほか、随筆集『葛(くず)の根』(1936)がある。

[井原 聰]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

物理学者。陸奥国福岡村(岩手県二戸市)生まれ。東京大学理学部卒。東京帝大教授。日本各地の地磁気測定をはじめ、地震・測地・度量衡・航空物理学の分野で活躍、日本の物理学界の基礎をつくった。また、メートル法・ローマ字の普及の推進者としても名高い。文化勲章受章。安政三~昭和二七年(一八五六‐一九五二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1856〜1952
明治〜昭和期の物理学者
陸奥(岩手県)の生まれ。東大卒業後,イギリス・ドイツに留学。帰国後東大教授となる。全国の地磁気測定・緯度観測所設置に業績をあげ,1918年の航空研究所設立に尽力,航空学・気象学・メートル法の普及をはかった。日本式ローマ字論者としても有名,国際学界でも活躍した。1944年文化勲章受章。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の田中館愛橘の言及

【藤井実】より

…1902年の東大運動会で,100m競走に10秒24の驚異的な記録を出した。このとき初めて田中館愛橘考案の電気計測が用いられ,寺田寅彦が助手を務めたが,現在ではどこかに計時の誤りがあったとみられている。さらに06年の運動会では棒高跳びに3m90cmを記録した。…

※「田中館愛橘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中館愛橘の関連情報