コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収差修正レンズ しゅうさしゅうせいレンズanastigmatic lens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

収差修正レンズ
しゅうさしゅうせいレンズ
anastigmatic lens

レンズの収差のうち,非点収差を補正したレンズ。 1887年ドイツの E.アッベ,O.ショットが初めて設計,製作した。縦横に直角に交わる平面上からくる光線は,レンズに対する入射角が異なるので,焦点位置に前後のずれができる。この現象を非点収差という。肉眼の乱視が障子を見たとき,縦骨と横骨のいずれかが明瞭で,他はぼやける現象にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android