コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非点収差 ひてんしゅうさastigmatism

翻訳|astigmatism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非点収差
ひてんしゅうさ
astigmatism

アスチグマチズムともいう。ザイデルの五収差の1つ。光軸から離れた物体上の1点から出た光が完全な1点に集束しないための収差。光軸に垂直で,かつ互いに垂直な方向に2つの焦線が少し離れてでき,その中間に比較的明瞭な像が結ばれる。この像を最小錯乱円という。乱視は眼の非点収差に関係がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひてん‐しゅうさ〔‐シウサ〕【非点収差】

レンズなどの光学系収差の一。光軸から離れた一点からの光が、曲面反射屈折したあと一点に結像せず、間隔をおいた二つの直交する線分上に別々の像を結ぶ現象

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

非点収差【ひてんしゅうさ】

レンズの収差の一つ。レンズの軸から離れた一点から出た光が,レンズを通ったのち,一点に集まらず,互いに垂直で少し離れた二つの線分(焦線)に集まる現象。この点と軸を含む平面上と,それに直角な平面上とで,光線の集まる場所が異なるため起こる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

非点収差

 点像が元の点にはならないで、楕円形や縞のようになって写る収差。点にならないから非点収差と言う。 ザイデルの5収差 のひとつである。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひてんしゅうさ【非点収差】

光学系の収差の一。軸を離れた点からの光線束が球面鏡やレンズなどで反射・屈折のあと、一点に集束せず、中心を通る主光線上の二点にあって互いに垂直な直線上に集まること。乱視は眼のレンズ系で起こった非点収差。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の非点収差の言及

【収差】より


[ザイデルの5収差]
 ドイツのザイデルLudwig Philipp von Seidel(1821‐96)は,単色光に対して,共軸球面系(各屈折面の曲率中心が一直線上に並んだ光学系)の光軸のまわりの対称性から収差を5種類に分類した。すなわち球面収差,コマ収差,像面湾曲,非点収差,および歪曲であり,これらをザイデルの5収差という(この五つを広義の球面収差と呼ぶ場合もある)。彼はスネルの法則を入射角xに関する三次までの近似式,sinxxx3/6で展開して,各収差の特徴を論じた。…

※「非点収差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

非点収差の関連キーワードシュミット・カメラアナスティグマートアスチグマチズムアナスチグマート収差修正レンズアベラシオンザイデル収差写真レンズ光学レンズ天体望遠鏡星像テスト像面の曲り非点光線束ザイデル球面収差凹面格子コノイド球面鏡光線束珪藻類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非点収差の関連情報