収着(読み)シュウチャク

岩石学辞典の解説

収着

気体が固体の表面に吸着(adsorption)されるとき,その気体が固溶体または化合物をつくる現象を同時にともなう場合.マクベイン(J. W. McBain)の提案による語[長倉ほか : 1998].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

収着

 吸着が単に固体表面に結合するのに対し,気体分子が固体の内部に浸透して固溶体などを形成する場合.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうちゃく【収着】

気体や液体が固体の表面に吸着され、またその内部にも吸収されること。吸着と吸収とが同時に起こる場合、また、吸着か吸収かの区別が明確でない場合に用いる語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android