コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り放つ トリハナツ

デジタル大辞泉の解説

とり‐はな・つ【取り放つ】

[動タ四]
引き離す。別々にする。
「まだ幼くおはせし折より―・ち養ひ奉らせ給ひけるほどに」〈栄花・後悔の大将〉
取り外す。
「北の御障子も―・ちて、御簾(みす)かけたり」〈・鈴虫〉
取り上げる。剥奪(はくだつ)する。
「咎(とが)もなき入道が所領を―・ちて」〈平治・中〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とりはなつ【取り放つ】

( 動四 )
別れさせる。ひきはなす。 「北の方も-・ちてむとまどひ給へど/落窪 2
一つ一つとりあげる。 「今めかしう細かにをかしきを、-・ちてはまねび尽くすべきにもあらぬこそわろけれ/紫式部日記」
とりはずす。 「北の御障子も-・ちて、御簾かけたり/源氏 鈴虫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

取り放つの関連キーワードかしき所領御簾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android