口付く(読み)クチヅク

デジタル大辞泉の解説

くち‐づ・く【口付く】

[動カ四]
言い慣れる。口癖になる。
「皆人―・きたる物語なれば詳しく書きのぶるに及ばず」〈十訓抄・六〉
以前には食べられなかったものが口に慣れて食べられるようになる。〈日葡
[動カ下二]くちづける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちづく【口付く】

( 動四 )
繰り返し言ったり話したりする。言いなれる。口ぐせになる。 「先斗町ぽんとちようが-・いて大丈夫だといふから/滑稽本・浮世風呂
口になれる。 「シヨクニ-・イタ/日葡」
( 動下二 )
口ぐせに言う。いつも言い慣れる。 「孝子伝・蒙求などにしるせるによて、皆人-・けたる物語なれば/十訓 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android