コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口内錠 こうないじょう oral tablet

1件 の用語解説(口内錠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口内錠
こうないじょう
oral tablet

口腔粘膜から吸収され,肝臓を経ずに直接血液中に入って作用を現すことを目的とした錠剤。消化液や肝臓で分解されてしまう薬物の投与に適した剤形である。バッカル錠と舌下錠とがある。バッカル錠は扁平な楕円形をしており,臼歯と頬の間にはさむことで徐々に吸収される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口内錠の関連キーワード吸入療法味蕾口腔直納歯肉直轄バッカル吸収率腸肝循環イソプロピルフェノール