コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口取り菓子 クチトリガシ

デジタル大辞泉の解説

くちとり‐がし〔‐グワシ〕【口取り菓子】

茶会で、茶を出す前に器に盛って出す菓子。くちとり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くちとりがし【口取り菓子】

北海道を中心に作られる、正月の菓子。鯛・えび・かまぼこ・だて巻き・絵馬などの縁起ものをかたどって練りきりやようかんなどで作る。数種取り合わせることが多い。◇「口取り」と略す。古い文献などに見られる「口取り菓子」またはこれを略した「口取り」は、茶席で客がに着いたときに茶の前に出した菓子とされる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くちとりがし【口取り菓子】

茶会で、客が座についたとき、器に盛って出す菓子。くちとり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

くちとりがし【口取り菓子】


北海道を中心に作られる、正月の菓子。鯛・えび・かまぼこ・だて巻き・絵馬などの縁起ものをかたどって練りきりやようかんなどで作る。数種取り合わせることが多い。◇「口取り」と略す。古い文献などに見られる「口取り菓子」またはこれを略した「口取り」は、茶席で客が座に着いたときに茶の前に出した菓子とされる。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

口取り菓子の関連キーワード茶会