口取り菓子(読み)クチトリガシ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くちとりがし【口取り菓子】

北海道を中心に作られる、正月の菓子。鯛・えび・かまぼこ・だて巻き・絵馬などの縁起ものをかたどって練りきりやようかんなどで作る。数種取り合わせることが多い。◇「口取り」と略す。古い文献などに見られる「口取り菓子」またはこれを略した「口取り」は、茶席で客がに着いたときに茶の前に出した菓子とされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

くちとりがし【口取り菓子】

茶会で、客が座についたとき、器に盛って出す菓子。くちとり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

くちとりがし【口取り菓子】


北海道を中心に作られる、正月の菓子。鯛・えび・かまぼこ・だて巻き・絵馬などの縁起ものをかたどって練りきりやようかんなどで作る。数種取り合わせることが多い。◇「口取り」と略す。古い文献などに見られる「口取り菓子」またはこれを略した「口取り」は、茶席で客が座に着いたときに茶の前に出した菓子とされる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android