コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一服一銭 イップクイッセン

デジタル大辞泉の解説

いっぷく‐いっせん【一服一銭】

室町時代、路傍で煎茶(せんちゃ)一服を銭1文で飲ませたこと。また、その商人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一服一銭の言及

【茶店】より

…茶を供して客を休息させる店。日本では中世後半に旅行者や参詣人を対象として街道筋や寺社門前などに発生したと思われ,《東寺文書(とうじもんじよ)》には1408年(応永15)11月に京都の東寺南大門前に一服一銭の茶を売る者のあったことを示す記録がある。初めは床几(しようぎ)の上に茶道具を置き,求めに応じて茶を点(た)てていたが,やがて菓子や酒食を供し,給仕女を置くような店ができて遊興的色彩を加え,多様な形態の茶屋を分化するようになった。…

※「一服一銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一服一銭の関連情報