口径比(読み)こうけいひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「口径比」の解説

口径比
こうけいひ
relative aperture

レンズなどの光学系の有効口径の焦点距離に対する比で,その光学系の明るさを示す。像の明るさは口径比の2乗に比例する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「口径比」の解説

こうけい‐ひ【口径比】

〘名〙 レンズの直径と焦点距離との比。レンズで作られる像の明るさは口径比の二乗に比例する。Fナンバーの逆数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口径比」の解説

こうけい‐ひ【口径比】

カメラのレンズの、有効直径と焦点距離との比率。Fナンバーの逆数になり、大きくなるほど映像が明るくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の口径比の言及

【F数】より

…像の明るさ(像面照度)は,物体がレンズの焦点距離の数倍以上離れている場合にはF数の逆数の2乗に比例するので,F数の小さいものほど明るくなる。なお,F数の逆数は口径比relative apertureと呼ばれる。【鶴田 匡夫】。…

【レンズ】より

…なお,光学伝達関数が0になる空間周波数が解像力,または分解能の逆数を与える。分解能
[レンズの明るさ]
 レンズの直径(厳密には無限遠に対する入射瞳の直径)と焦点距離の比を口径比といい,その逆数をF数という。レンズによる,有限な広がりをもつ物体の実像の照度はF数の2乗に逆比例する。…

※「口径比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報