コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口径比 こうけいひrelative aperture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口径比
こうけいひ
relative aperture

レンズなどの光学系有効口径焦点距離に対する比で,その光学系の明るさを示す。像の明るさは口径比の2乗に比例する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうけい‐ひ【口径比】

カメラのレンズの、有効直径と焦点距離との比率。Fナンバー逆数になり、大きくなるほど映像が明るくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

口径比【こうけいひ】

レンズやレンズ系の有効口径(絞りの長径)と焦点距離の比。1: 2.8,1: 3.5といった形で表す。レンズがつくる像の明るさ(像面の照度)は口径比の2乗に比例する。
→関連項目シュミット望遠鏡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうけいひ【口径比】

レンズなどの有効直径と焦点距離の比。 F ナンバーの逆数。像の明るさは口径比の2乗に比例し、光学系の明るさの目安となる。 → F ナンバー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の口径比の言及

【F数】より

…像の明るさ(像面照度)は,物体がレンズの焦点距離の数倍以上離れている場合にはF数の逆数の2乗に比例するので,F数の小さいものほど明るくなる。なお,F数の逆数は口径比relative apertureと呼ばれる。【鶴田 匡夫】。…

【レンズ】より

…なお,光学伝達関数が0になる空間周波数が解像力,または分解能の逆数を与える。分解能
[レンズの明るさ]
 レンズの直径(厳密には無限遠に対する入射瞳の直径)と焦点距離の比を口径比といい,その逆数をF数という。レンズによる,有限な広がりをもつ物体の実像の照度はF数の2乗に逆比例する。…

※「口径比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口径比の関連キーワードベーカー=ナン・カメラシュミット・カメラシュミットカメラアプラナートF ナンバー焦点(物理)対物レンズ光学レンズ比口径F数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android