コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口疾し クチトシ

デジタル大辞泉の解説

くち‐と・し【口疾し】

[形ク]
返事や返歌がすぐに口をついて出てくるさま。受け答えが早い。
「ことなる事なきいらへを―・く言ふ」〈・手習〉
軽率な発言をするさま。
「跡無き語り言して楽しがる中に…―・き男あり」〈読・春雨・樊噲上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちとし【口疾し】

( 形ク )
ものの言い方が早い。早口である。また、受け答えが早い。 「 - ・く返事などし侍りき/源氏 夕顔」 「 - ・きすゑの姫もまだ何とも答へぬ間に/文づかひ 鷗外
軽はずみに、つまらないことをいう。 「何となく-・く難ぜられたりける/十訓 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

口疾しの関連キーワード受け答え

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android