コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口腔底膿瘍 こうくうていのうよう

1件 の用語解説(口腔底膿瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうくうていのうよう【口腔底膿瘍】

[どんな病気か]
 口腔底に膿(うみ)がたまった状態です。口腔底部や顎下腺(がくかせん)の部分が腫(は)れて痛み、高熱をともなうことが多く、ときに、あごが腫(は)れて、外観上、二重あごのように見えることがあります。
[原因]
 むし歯や抜歯(ばっし)などにともなう歯の炎症が、口腔底部におよんでおこります。
 あごの骨折や扁桃腺(へんとうせん)、唾液腺(だえきせん)、リンパ節などの炎症のあとにおこることもあります。
 ほとんどが、いくつかの細菌による混合感染です。
[治療]
 診断には、歯における問題点の確認と、血液検査による炎症の程度の把握が必要です。
 治療としては、できるだけ早いうちに切開し、膿を取り出すと同時に、強力な抗生物質の点滴が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

口腔底膿瘍の関連キーワード顎下腺口腔外科口腔口腔衛生何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から口腔がん

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone