コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口腔底膿瘍 こうくうていのうよう

家庭医学館の解説

こうくうていのうよう【口腔底膿瘍】

[どんな病気か]
 口腔底に(うみ)がたまった状態です。口腔底部や顎下腺(がくかせん)の部分が(は)れて痛み、高熱をともなうことが多く、ときに、あごが腫(は)れて、外観上、二重あごのように見えることがあります。
[原因]
 むし歯や抜歯(ばっし)などにともなう歯の炎症が、口腔底部におよんでおこります。
 あごの骨折や扁桃腺(へんとうせん)、唾液腺(だえきせん)、リンパ節などの炎症のあとにおこることもあります。
 ほとんどが、いくつかの細菌による混合感染です。
[治療]
 診断には、歯における問題点の確認と、血液検査による炎症の程度の把握が必要です。
 治療としては、できるだけ早いうちに切開し、膿を取り出すと同時に、強力な抗生物質の点滴が必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

口腔底膿瘍の関連キーワード口腔底蜂巣織炎口底炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android