コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜歯 ばっしextraction of tooth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抜歯
ばっし
extraction of tooth

歯を人工的に,その歯槽内から去させることをいう。局所麻酔あるいは全身麻酔下に,器具としてエレベータ(てこの応用),抜歯鉗子をつかんでゆする)を用いて行う。ただし,歯の植立が強固な場合や,歯根の肥大,湾曲あるいは埋伏歯の場合などでは,歯槽骨除去,歯根分離などを行なって抜くことがある。保存できないう蝕虫歯),動揺歯,転位歯,埋伏歯などが抜歯の対象となるが,歯列矯正や補綴の立場から,健全な歯を抜くこともある。抜歯に伴う事故として,歯の破折残存,歯槽骨骨折,顎骨骨折顎関節脱臼,隣在歯の損傷,軟組織損傷,上顎洞穿孔,抜歯創の感染などがある。抜歯創の治癒後は,すみやかに補綴物による機能回復をはかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばっ‐し【抜歯】

[名](スル)
治療のため、歯を抜くこと。
成人として認められるため、あるいは服喪などの目的で、口をあけると見える範囲の歯を抜く風習。日本では縄文時代後半から弥生時代前半に盛行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

抜歯【ばっし】

進行した虫歯歯槽(しそう)膿漏などで保存不能な歯の全部を除去する手術。ふつう局所麻酔下に抜歯鉗子(かんし),抜歯てこを使用。なお歯髄を全部除去する手術を抜髄といい,主として歯髄炎に適用する。
→関連項目化粧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばっし【抜歯 exodontia】

歯を歯槽から抜去すること,およびその操作を抜歯という。
習俗としての抜歯】
 世界には,抜歯を慣習として行う民族もある。歯を削る尖歯や研歯とともに,歯牙変工の一技法であり,広くは身体変工の一種とも考えられる。抜歯は成年式儀礼の一部として行われるのが一般的である。すべての歯が抜歯されるわけではなく,前歯の中の特定の歯が対象となり,各民族ごとにどの歯を抜くかが伝統的に定められている。石などで歯をたたき倒して抜くため,かなりの苦痛を伴い,これが子どもから大人に移行するうえで耐えねばならない試練の意味をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばっし【抜歯】

( 名 ) スル
歯を抜くこと。 「 -手術」
成年式などの儀礼として、特定の歯を人為的に抜くこと。世界各地で行われ、縄文・弥生時代の日本でも行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抜歯
ばっし

歯は線維によって顎骨(がくこつ)に固定されているが、抜歯とは、この線維を切断し、弛緩(しかん)動揺させ、顎骨から歯を摘出する手術のことである。抜歯の適応となる歯としては次のようなものがある。(1)歯自体の疾患によるもの 歯自体の疾患のために抜歯を行う歯には、高度のう蝕(しょく)(むし歯)に罹患(りかん)し、修復不能な歯、根尖(こんせん)周囲組織に炎症があり、根管治療を行っても保存不可能な歯、高度な歯周疾患により著しく動揺している歯、破折したために修復不能な歯などがある。(2)位置異常によるもの 歯自体には異常はないが、その位置が異常であるためにまったく役にたたず、逆に周囲組織に障害を与える場合は抜歯を行う。具体的には、過剰歯(正常な歯以外の余分な歯)、埋伏歯(歯肉あるいは骨の中に埋没している歯)、転位歯(位置が異常な歯)などのほか、隣接の歯や周囲組織に傷害を与え、正常な咬合(こうごう)を妨げ、義歯の着脱の障害となるような歯があげられる。このほか、永久歯の萌出(ほうしゅつ)を妨げている乳歯を除去するためや、歯列矯正(歯並びをよくする治療)のために抜歯の処置がとられることもある。(3)その他 リウマチ性疾患、アレルギー性疾患などの全身的疾患や、三叉(さんさ)神経痛の原因が歯にある場合には、抜歯の処置を行う。[土谷尚之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の抜歯の言及

【身体変工】より

…アンデス文明やマヤ文明での板や添木による頭蓋変工,扁平な頭の形をとって命名されたフラット・ヘッド(平頭)族をはじめとする北アメリカのインディアンの頭蓋変工などが有名だが,そのほか東南アジア,アフリカ,ヨーロッパなど世界各地で頭蓋変工が報告されている。(5)歯牙変工 特定の歯を抜く抜歯と,歯を削ってとがらせたり,刻み目を入れたりする尖歯(せんし),あるいは欠歯がそのおもなものである。成年式儀礼に伴って行われることが多く,アフリカからオセアニアにかけて広く見られる。…

【歯】より

… 縄文時代には成人となる通過儀礼として歯を抜くことが盛行した。健全な切歯や犬歯を抜歯したが,ときに抜き方に男女の性差があった。この習俗は弥生時代中期まで続き,その後衰退した。…

※「抜歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抜歯の関連キーワードウェルズ(Horace Wells)抜歯を受けるときの注意シルバ・シャビエル大【ぶん】口文化胸腺リンパ体質感染性心内膜炎歯性上顎洞炎安房神社遺跡土井ヶ浜遺跡小金井良精セメント質モートン大境洞窟歯牙変工国府遺跡歯根嚢胞古浦遺跡ウェルズ身体装飾不正咬合

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜歯の関連情報