失言(読み)しつげん

精選版 日本国語大辞典の解説

しつ‐げん【失言】

〘名〙 言うべきでないことを、うっかり言ってしまうこと。また、そのことば。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)文三王第一七「失言をとけて問つけと云やうにしたげにさふと云ぞ」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「失礼ながら夫は失言かと思ひます」 〔戦国策‐魏策下・安釐王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しつ‐げん【失言】

[名](スル)言うべきではないことを、うっかり言ってしまうこと。また、その言葉。「失言を取り消す」「公の席で失言する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android