口頭審理主義(読み)こうとうしんりしゅぎ(英語表記)Mündlichkeitsprinzip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「口頭審理主義」の解説

口頭審理主義
こうとうしんりしゅぎ
Mündlichkeitsprinzip

訴訟審理に際して,当事者および裁判所の訴訟行為 (特に弁論および証拠調べ) を口頭で行う主義口頭主義ともいう。かつては書面主義 (書面審理主義 ) であったが,それが訴訟の円滑な進行を阻害し,かつ,公開の原則とも抵触するため,口頭審理主義が各国において採用された。日本の民事訴訟刑事訴訟ともにこの原則を採用し,若干の修正を加えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android