コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口頭審理主義 こうとうしんりしゅぎMündlichkeitsprinzip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口頭審理主義
こうとうしんりしゅぎ
Mündlichkeitsprinzip

訴訟の審理に際して,当事者および裁判所の訴訟行為 (特に弁論および証拠調べ) を口頭で行う主義。口頭主義ともいう。かつては書面主義 (書面審理主義 ) であったが,それが訴訟の円滑な進行を阻害し,かつ,公開の原則とも抵触するため,口頭審理主義が各国において採用された。日本の民事訴訟刑事訴訟ともにこの原則を採用し,若干の修正を加えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

口頭審理主義の関連キーワード検察

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android