コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今役者大全 ここんやくしゃたいぜん

世界大百科事典 第2版の解説

ここんやくしゃたいぜん【古今役者大全】

歌舞伎の解説書。中心となった作者は多田南嶺。撰者として八文字屋其笑,八文字屋瑞笑の名が記される。1750年(寛延3)刊,6巻6冊。芝居の起源,劇場習俗の由来,著名役者の評伝,芸談,師弟系図などを記す。従来,劇評の書〈役者評判記〉が,年に一度の出版が普通であったのに対し,10年をサイクルに劇評の基準を示し,歌舞伎一般の知識をも提供しようとした書。出版元の八文字屋に蓄積された芝居資料と作者の博識によって成った本書は,いわゆる劇書の嚆矢(こうし)であり,江戸後期70年以上にわたって版を重ねている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

古今役者大全の関連キーワード中島三甫右衛門(初代)中村喜代三郎(初代)坂東彦三郎(初代)大谷広次(2代)中村粂太郎浅田久四郎杉三安

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android