コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋其笑 はちもんじやきしょう

2件 の用語解説(八文字屋其笑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八文字屋其笑
はちもんじやきしょう

[生]?
[没]寛延3(1750).8.19. 京都
江戸時代中期の浮世草子の作者,版元。八文字屋自笑の子。自笑のあと書肆八文字屋八左衛門を継いだ。また,元文5 (1740) 年以後自笑と,延享4 (47) 年以後は子の瑞笑と,いわゆる八文字屋本を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八文字屋其笑 はちもんじや-きしょう

?-1750 江戸時代中期の版元,浮世草子作者。
初代八文字屋自笑の子。父の跡をついで八文字屋本をだす。「忠盛祇園(ぎおん)桜」などは父との連名,「物部守屋錦輦(もののべのもりやにしきのてぐるま)」などは子の八文字屋瑞笑(ずいしょう)との連名だが,作品の大半は多田南嶺(なんれい)が代作したといわれている。寛延3年8月19日死去。京都出身。姓は安藤。通称は八左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の八文字屋其笑の言及

【古今役者大全】より

…中心となった作者は多田南嶺。撰者として八文字屋其笑,八文字屋瑞笑の名が記される。1750年(寛延3)刊,6巻6冊。…

【八文字屋八左衛門】より

…江戸中期の京都の本屋。安藤氏。筆名八文字自笑(じしよう)。八文字屋は1650年(慶安3)前後開業の浄瑠璃本屋で,代々八左衛門を称し,自笑はその2代目。80年代の末に家業を継ぎ,絵入狂言本の刊行をはじめ,江島其磧(きせき)を作者に99年刊《役者口三味線》以後役者評判記を,1701年刊《けいせい色三味線》以後浮世草子をと業務を拡張,評判記は幕末まで踏襲される形式を確立し,浮世草子は一時波乱はあったが20年ころより第一の出版元となる。…

※「八文字屋其笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八文字屋其笑の関連キーワード大畠文治右衛門小川多左衛門釜屋又兵衛大雅舎其鳳八文字屋自笑(初代)八文字屋自笑(3代)八文字屋瑞笑舟木嘉助山本九兵衛吉川盛信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone