コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋其笑 はちもんじやきしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八文字屋其笑
はちもんじやきしょう

[生]?
[没]寛延3(1750).8.19. 京都
江戸時代中期の浮世草子の作者,版元。八文字屋自笑の子。自笑のあと書肆八文字屋八左衛門を継いだ。また,元文5 (1740) 年以後自笑と,延享4 (47) 年以後は子の瑞笑と,いわゆる八文字屋本を著わした。ただし作者としての才能はなく,署名だけで,実際はほかに実作者がいたものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八文字屋其笑 はちもんじや-きしょう

?-1750 江戸時代中期の版元,浮世草子作者。
初代八文字屋自笑の子。父の跡をついで八文字屋本をだす。「忠盛祇園(ぎおん)桜」などは父との連名,「物部守屋錦輦(もののべのもりやにしきのてぐるま)」などは子の八文字屋瑞笑(ずいしょう)との連名だが,作品の大半は多田南嶺(なんれい)が代作したといわれている。寛延3年8月19日死去。京都出身。姓は安藤。通称は八左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の八文字屋其笑の言及

【古今役者大全】より

…中心となった作者は多田南嶺。撰者として八文字屋其笑,八文字屋瑞笑の名が記される。1750年(寛延3)刊,6巻6冊。…

【八文字屋八左衛門】より

…江戸中期の京都の本屋。安藤氏。筆名八文字自笑(じしよう)。八文字屋は1650年(慶安3)前後開業の浄瑠璃本屋で,代々八左衛門を称し,自笑はその2代目。80年代の末に家業を継ぎ,絵入狂言本の刊行をはじめ,江島其磧(きせき)を作者に99年刊《役者口三味線》以後役者評判記を,1701年刊《けいせい色三味線》以後浮世草子をと業務を拡張,評判記は幕末まで踏襲される形式を確立し,浮世草子は一時波乱はあったが20年ころより第一の出版元となる。…

※「八文字屋其笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八文字屋其笑の関連キーワードザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術つんく♂NOVAの解約を巡るトラブルソユーズ菱刈鉱山自治体間の災害時相互応援協定梅暮里谷峨

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone