コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋 ハチモンジヤ

大辞林 第三版の解説

はちもんじや【八文字屋】

江戸時代、京都にあった書店。はじめ浄瑠璃本を出版したが、三代目八左衛門(自笑)の代になってから歌舞伎狂言本・役者評判記を出し、さらに江島其磧と結んで浮世草子を刊行して大いに隆盛を極めた。自笑以後は其笑・瑞笑ずいしようと受け継がれ、1767年二代目自笑の代に店を閉じた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の八文字屋の言及

【古今役者大全】より

…中心となった作者は多田南嶺。撰者として八文字屋其笑,八文字屋瑞笑の名が記される。1750年(寛延3)刊,6巻6冊。…

【八文字屋八左衛門】より

…筆名八文字自笑(じしよう)。八文字屋は1650年(慶安3)前後開業の浄瑠璃本屋で,代々八左衛門を称し,自笑はその2代目。80年代の末に家業を継ぎ,絵入狂言本の刊行をはじめ,江島其磧(きせき)を作者に99年刊《役者口三味線》以後役者評判記を,1701年刊《けいせい色三味線》以後浮世草子をと業務を拡張,評判記は幕末まで踏襲される形式を確立し,浮世草子は一時波乱はあったが20年ころより第一の出版元となる。…

※「八文字屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八文字屋の関連キーワード八文字屋自笑(3代)八文字屋自笑(初代)八文字屋自笑(2代)八文字自笑(初代)傾城色三味線役者口三味線古今役者大全八文字屋其笑傾城歌三味線八文字屋自笑八文字屋瑞笑世間妾形気役者評判記万屋清兵衛八文字自笑客者評判記傾城禁短気八文字屋本江島其磧上方文学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android