古代都市ポロンナルワ(読み)こだいとしポロンナルワ

世界遺産詳解の解説

こだいとしポロンナルワ【古代都市ポロンナルワ】

1982年に登録された世界遺産(文化遺産)。スリランカ中部の古都で、11~13世紀までスリランカ(シンハラ朝)の首都であった都市である。町は城壁で囲まれた城塞都市で、灌漑用貯水池が建設された。当時の貯水池が現在でも残っている。また、パラークラマバーフ1世が12世紀後半に築いた庭園都市、ウェジャヤンタパーサーダ宮殿、ダラダーマルワ寺院(仏堂トゥパラーマ、円形仏堂ワタダーゲー、仏塔サットマハル・プラサーダ、仏歯堂ハタダーゲー)などの仏教遺跡がある。また、ポロンナルワの北方のガル・ヴィハーラには岩丘に彫られた3体の釈迦像(立像、坐像、涅槃像)や釈迦の第一の弟子アーナンダの像がある。◇英名はAncient City of Polonnaruwa

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android