コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典荘園 こてんしょうえん classical manor

1件 の用語解説(古典荘園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古典荘園
こてんしょうえん
classical manor

賦役農奴制による領主経営を中核に有する荘園組織。ヨーロッパ荘園の原基形態をなしている。古典荘園には二様の意味が含まれるが,1つは8~9世紀の北フランス西ドイツに進展しつつあった集村化現象に基づき,同地域に成立した荘園組織で王領地,大修道院領 (サン・ジェルマン,ザンクト・ガレンなど) に典型がみられ,10世紀末から 11世紀に崩壊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古典荘園の関連キーワード寄生地主制中世社会農奴制賦役隷農農民解放家政改革再版農奴制《ロシアにおける農奴制の起源》ロシア農奴制

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone