コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典荘園 こてんしょうえんclassical manor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古典荘園
こてんしょうえん
classical manor

賦役農奴制による領主経営を中核に有する荘園組織。ヨーロッパ荘園の原基形態をなしている。古典荘園には二様の意味が含まれるが,1つは8~9世紀の北フランス,西ドイツに進展しつつあった集村化現象に基づき,同地域に成立した荘園組織で王領地,大修道院領 (サン・ジェルマン,ザンクト・ガレンなど) に典型がみられ,10世紀末から 11世紀に崩壊した。他の1つは 13世紀のイングランド南東部に発達した典型的荘園をさし,賦役金納化の過程で崩壊する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古典荘園の関連キーワードエンコミエンダドイツ農民戦争フランク王国賦役(西洋)フランス史封建地代地代荘園領主領マナー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android