コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古山師政 ふるやまもろまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古山師政
ふるやまもろまさ

江戸時代中期の浮世絵師。俗称,新七郎または新九郎。号は文志,月々堂など。古山師重の子,初め菱川昌利と称したが,その画風は菱川系とは異質。主要作品『括り猿をもつ美人』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古山師政 ふるやま-もろまさ

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
古山師重(もろしげ)の子。菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ)の門下。はじめ菱川昌則を名のる。江戸にすみ,宝永-延享(1704-48)のころ活躍。肉筆美人画と版画にすぐれた。師政から菱川派の画風が一変したといわれる。通称は新七郎,新九郎。別号に月々堂,文志。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古山師政

生年:生没年不詳
江戸中期の江戸の浮世絵師。古山師重の子で俗称新九郎。月々堂,文志(文翅)の号がある。井上和雄『浮世絵師伝』には,はじめ菱川昌則と称し,宝永年間(1704~11)の作と推定される「柳下美人納涼の図」があると記されているが未詳。5点の版画(柱絵3,浮絵2)と十数点の肉筆画がある。菊岡沾涼『本朝世事談綺』(1734)に名がみえるので,遅くとも享保年間(1716~36)には作画を開始していたと思われるが,今日確認されているのは元文~延享(1736~48)ごろのものが多い。菱川師宣の系統であるが,菱川風を脱し,当該時代様式の江戸絵を基調としている。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

古山師政の関連キーワード忠岡三千子

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android