コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川躬行 ふるかわ みゆき

2件 の用語解説(古川躬行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川躬行 ふるかわ-みゆき

1810-1883 江戸後期-明治時代の国学者,神職。
文化7年5月25日生まれ。黒川春村の「考古画譜」を考証改訂し,完成させた。維新後,枚岡(ひらおか)神社,大神(おおみわ)神社などの大宮司(だいぐうじ)を歴任した。明治16年5月6日死去。74歳。江戸出身。号は汲古堂。著作に「散記」「喪儀略」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古川躬行

没年:明治16.5.6(1883)
生年:文化7.5.25(1810.6.26)
幕末明治期の国学者,神官。号は汲古堂。江戸生まれ。黒川春村の『考古画譜』(日本画の遺作中心の総目録)を改訂編纂,『増補考古画譜』として完成したのは黒川真頼と躬行であり,その随所に「躬行曰」と記してその見識を示した。横笛,琵琶にも堪能であったという。明治6(1873)年枚岡神社(東大阪市)大宮司,8年内務省出仕。10年大神神社(桜井市)大宮司を経て,15年琴平神社(香川県)に神官教導のために呼ばれ,同地で没した。<著作>『散記』『喪儀略』『鳴弦原由』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古川躬行の関連キーワード江藤正澄犬塚興恕村田春道宇都宮真名介関常明鍋島誠汲古閣赤井水雄千葉直胤村田良穂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone