コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川春村 くろかわ はるむら

美術人名辞典の解説

黒川春村

徳川末期の国学者。通称次郎左衛門主水、号は薄斎・葵園。黒川真頼の養父。狂歌は三世浅草庵の号を継ぎ、次いで和歌・古学を修める。博識で特に音韻、考証学に優れていた。著書に『音韻考証』等がある。慶応2年(1867)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くろかわ‐はるむら〔くろかは‐〕【黒川春村】

[1799~1867]江戸後期の国学者。江戸の人。通称次郎左衛門。号、薄斎。初め狂歌を学び、のち国学に入り、考証に長じた。著「墨水雑鈔(ぼくすいざっしょう)」「音韻考証」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒川春村 くろかわ-はるむら

1799-1867* 江戸時代後期の国学者。
寛政11年6月9日生まれ。狂歌を2代浅草庵にまなび,3代をつぐ。のち国学に専念し,本居宣長(もとおり-のりなが)の学風をつぐ。狩谷棭斎(えきさい),伴信友らの影響をうけ,考証をおもんじた。慶応2年12月26日死去。68歳。江戸出身。通称は次郎左衛門,主水(もんど)。号は薄斎(すすきのや)など。著作に「音韻考証」「猿楽考証」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろかわはるむら【黒川春村】

1799‐1866(寛政11‐慶応2)
江戸末期の国学者。通称は初め治郎左衛門,のちに主水。号は薄斎。江戸浅草田原町に生まれ,初め狂歌で名を成したが,のち和歌の道に進み狩谷棭斎(えきさい)について古学を修めた。清水浜臣,岸本由豆流,伴信友らと交友し,考証学を得意とした。浜臣,信友没後は内藤広前ひろさき)(1791‐1866)と共に江都の博識をもって称せられたが,性篤実で隠逸を愛した。《淡海名寄》《歌道手引草》《音韻考証》《節用集考》《碩鼠漫筆》などその編著は膨大な数にのぼっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろかわはるむら【黒川春村】

1799~1866) 江戸後期の国学者・狂歌師。通称、次郎左衛門。号は薄斎など。狂号浅草庵守舎。江戸の人。狂歌から転じて、狩谷棭斎えきさいを通じて考証学を学ぶ。古美術についても通じた。著「音韻考証」など。 → 考古画譜

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒川春村
くろかわはるむら

[生]寛政11 (1799).江戸
[没]慶応2 (1866).12.26. 江戸
江戸時代後期の国学者。通称は次郎左衛門,のちに主水。号は薄斎。黒川真頼の養父。初め狂歌作者として活躍,3世浅草庵を継ぐ。のち和歌に転じ,本居宣長に私淑して国学に志し,宣長の説を奉じる。一方では狩谷棭斎の門下に入り,言語の研究に励む。出典を明確にするなど緻密な考証を旨とし,考証学において顕著な功績を残した。主著『碩鼠漫筆』(1859),『音韻考証』(1862),『古物語類字抄』『金石銘文鈔』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒川春村
くろかわはるむら
(1799―1866)

江戸後期の国学者。江戸・浅草田原町に生まれる。通称次郎左衛門、のち主水(もんど)。号は薄斎(すすきのや)。初め2世浅草庵(あん)深沢守舎(もりや)に狂歌を学び、その後を継いで3世浅草庵を称す。のち国学に専念し、とくに音韻・文法の研究に力を注いだ。信州須坂藩主堀直格(なおのり)の命で『歴代残闕(ざんけつ)日記』(1858成立)を編集する。『音韻考証』『碩鼠(せきそ)漫筆』(1859、高橋広道編)など、著作の多くは未定稿のままに終わった。慶応(けいおう)2年12月26日没。68歳。墓は東京都台東(たいとう)区寿の永見寺に現存。養嗣子(ようしし)黒川真頼(まより)(1829―1906)も国学者として知られ、帝国大学文科大学教授、文学博士。本姓金子。父子の蔵書はノートルダム清心女子大学などに所蔵。[梅谷文夫]
『玉林晴朗著『黒川春村と其の著述』(『国学者研究』所収・1943・北海出版社) ▽大川茂雄・南茂樹編『国学者伝記集成』(1904・大日本図書/復刻版・1967・名著刊行会) ▽『黒川真頼全集』全6冊(1910~11・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

黒川春村 (くろかわはるむら)

生年月日:1799年6月9日
江戸時代後期の国学者;狂歌師
1867年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

黒川春村の関連キーワードノートルダム清心女子大学笠亭仙果(初代)丹生都比売神社佐藤 誠実扶桑名画伝浅草庵春村群書類従生年月日三亭春馬佐藤誠実仏師系図考古画譜山崎知雄清宮秀堅富田永世岡野伊平古川躬行渡辺寿黒川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android