コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考古画譜 こうこがふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

考古画譜
こうこがふ

江戸時代末期の国学者黒川春村の遺稿による絵画作品目録。明治になって黒川真頼 (まより) らが増補して刊行。『黒川真頼全集』 (1910) にも訂正増補本が収められている。仏画,絵巻物などに関する研究の基本資料として重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうこがふ【考古画譜】

日本の古画の作品目録。黒川春村の遺稿を黒川真頼らが増補、1910年(明治43)刊の訂正増補本が流布。古画研究の重要資料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

考古画譜
こうこがふ

日本の古画の考証、目録を兼ねた画誌。江戸末期の国学者黒川春村(はるむら)(1799―1866)による古画の目録をもとに、門弟で養子の黒川真頼(まより)(1829―1906)と古川躬行(みゆき)とが新たに多くを書き加え、12巻となったものを『増補考古画譜』と名づけて明治になって次々と刊行(1882~1901)した。真頼の死後、その全集をまとめるに際し、門人たちの意向により、当時帝室博物館員で臨時全国宝物取調掛(とりしらべがかり)であった片野四郎に新資料の加筆を依頼、3年の年月をかけて完成、1910年(明治43)4月『黒川真頼全集』(国書刊行会発行)の第1、2巻に『訂正増補考古画譜』として収録した。内容は17巻よりなり、類字によって分類され、今日もなお古画研究の重要な資料とされている。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

考古画譜の関連キーワード扶桑名画伝古川躬行

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android