古林立庵(読み)ふるばやし りつあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林立庵 ふるばやし-りつあん

1694-1765* 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)7年生まれ。父古林正禎(5代見宜堂)のをついで大坂開業頼春水(らい-しゅんすい),尾藤二洲(びとう-じしゅう)と親交があった。明和元年12月23日死去。71歳。名は正竹,正桂。別号に寿仙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android