コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古林立庵 ふるばやし りつあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林立庵 ふるばやし-りつあん

1694-1765* 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)7年生まれ。父古林正禎(5代見宜堂)の跡をついで大坂で開業。頼春水(らい-しゅんすい),尾藤二洲(びとう-じしゅう)と親交があった。明和元年12月23日死去。71歳。名は正竹,正桂。別号に寿仙。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古林立庵の関連キーワードメアリー三井高利メアリカタマルカ岡島冠山サン・シモン(Louis de Rouvroy duc de Saint-Simon)俳句(文学)フォンタナ(Carlo Fontana)金看板甚九郎中根東里

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android