コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古林立庵 ふるばやし りつあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林立庵 ふるばやし-りつあん

1694-1765* 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)7年生まれ。父古林正禎(5代見宜堂)の跡をついで大坂で開業。頼春水(らい-しゅんすい),尾藤二洲(びとう-じしゅう)と親交があった。明和元年12月23日死去。71歳。名は正竹,正桂。別号に寿仙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古林立庵の関連キーワードメアリー三井高利メアリカタマルカ岡島冠山サン・シモン(Louis de Rouvroy duc de Saint-Simon)俳句(文学)フォンタナ(Carlo Fontana)金看板甚九郎中根東里

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android