コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河公方館 こがくぼうやかた

1件 の用語解説(古河公方館の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

こがくぼうやかた【古河公方館】

茨城県古河市にあった連郭式の城館。古河城(同市)の本丸の約1km南東の御所沼に突き出した台地の上にある。『鎌倉大草紙』によれば、初代古河公方足利成氏が1455年(享徳4)の享徳の乱の際に築いたといわれる。成氏は2年間、この館を御所とした後、古河城に移った。1590年(天正18)、最後の古河公方の足利義氏の娘の氏姫は、豊臣秀吉の古河城破却の命令に従い、古河城からこの館に移り、氏姫の孫にあたる尊信が1630年(寛永7)に、下野国(栃木県)の喜連川に移るまでその居館となった。その後、古河公方館は時宗(じしゅう)の十念寺の寺域となった。現在、当時の建築物は残っていないが、堀切と土塁の跡が残っている。館跡の大部分は古河総合公園となっている。JR東北本線宇都宮線)古賀駅から車で約10分、または徒歩約20分。◇鴻巣御所、鴻巣館とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古河公方館の関連キーワード古河市古川古河城白河城古河古河[市]昆田文治郎須藤英一郎永井直勝古河虎之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone