コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古法華三尊仏 ふるぼっけさんぞんぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

ふるぼっけさんぞんぶつ【古法華三尊仏】

兵庫県加西市西長の古法華山中で見いだされた奈良時代前期の石仏。別に遺存した石造屋蓋とともに奥壁として厨子を構成したもの。厨子はもと正面両開きの扉をつけ,その奥壁の板石三尊像をきざんだ。屋蓋は古式な入母屋造大棟の両端に鴟尾(しび)をたて,屋根の瓦棒,軒まわりの垂木型等ていねいに造り出している。三尊像は半肉彫,中尊は倚座し左右の脇侍は蓮華座に立ち,両獅子が頭上にその蓮華座を支え,前肢をあげて中尊前の香炉型にふれようとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android