コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古法華三尊仏 ふるぼっけさんぞんぶつ

1件 の用語解説(古法華三尊仏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふるぼっけさんぞんぶつ【古法華三尊仏】

兵庫県加西市西長の古法華山中で見いだされた奈良時代前期の石仏。別に遺存した石造屋蓋とともに奥壁として厨子を構成したもの。厨子はもと正面両開きの扉をつけ,その奥壁の板石に三尊像をきざんだ。屋蓋は古式な入母屋造,大棟の両端に鴟尾(しび)をたて,屋根の瓦棒,軒まわりの垂木型等ていねいに造り出している。三尊像は半肉彫,中尊は倚座し左右の脇侍は蓮華座に立ち,両獅子が頭上にその蓮華座を支え,前肢をあげて中尊前の香炉型にふれようとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古法華三尊仏の関連キーワード一乗寺加西市シュウ酸山中山中塗兵庫大学加西古法フラバノン新生精機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone