コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古生態学 こせいたいがく paleoecology

2件 の用語解説(古生態学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古生態学
こせいたいがく
paleoecology

地質時代に生存していた古生物の生活と,他の生物との関係をも含めて,環境との関係を調べる古生物学の一分野。具体的には化石と地層に含まれる証拠に基づいて復元がなされる。たとえば,遺骸群集の分布や花粉分析などから化石生物相を調べ,現存する同種や近縁の種類のすむ環境から,大昔の環境条件の幅や地理的変化が推察される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古生態学の言及

【化石】より

…このように,それが含まれている地層を認定し,年代を決定するのに用いられる化石を示準化石という。
【古生態と古環境】
 化石化した古生物とそれが生息していた環境との関係を扱う古生物学の分野が古生態学である。そこでは,地層中の化石や化石群の形態的特徴・産状・量的組成・種構成などによって,古生物の生活様式や生息場所が明らかにされる一方,また堆積岩自体も検討され化石を含む地層が堆積したときの古環境が復元される。…

【古生物学】より

…古生物が死後,化石化するまでの過程は化石生成論の対象であり,これはさらに化石続成論と化石産出論に分けて論じられる。化石化した古生物とその生息環境を扱うのが古生態学で,個体群構造や個体間・種間関係の解析,古環境との関係などが研究される。斉一説の観点に立って古生物の生態や化石化過程の解明のため,現生生物の観察や実験的研究を行うのが現在古生物学(または考現古生物学)である。…

※「古生態学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古生態学の関連キーワード古生代古生物学鮮新世帰化生物古生物新古生代化石生物地史学地質年代生存数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古生態学の関連情報