コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花粉分析 かふんぶんせき pollen analysis

翻訳|pollen analysis

6件 の用語解説(花粉分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花粉分析
かふんぶんせき
pollen analysis

現在の土壌や地質時代の地層の中から,花粉や胞子を取出し,研究すること。花粉の形から植物の属の区別ができるので,過去の森林の歴史,植生の状態,気候の変遷などの解明に役立つ。泥炭,亜炭,褐炭などの炭質物や有機物を含む泥岩などは,花粉が多くて花粉分析に適する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かふん‐ぶんせき〔クワフン‐〕【花粉分析】

地層の堆積物中に含まれている花粉や胞子を層別に調べ、その消長によって過去の植物の分布・変遷や当時の気候などを推定すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

花粉分析【かふんぶんせき】

堆積物中の花粉を調べて,各層に対応する過去の森林,草原等の樹種,出現状態,群落の遷移,気候変化を推定する研究。その結果は古気候や古環境の復元生層位学などに利用される。
→関連項目気候変化古気候学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かふんぶんせき【花粉分析 pollen analysis】

地層中に埋もれた過去の植物の花粉pollenおよび胞子sporeをとり出し,それらを識別・鑑定するとともに,そのおのおのの量的な分布を調べるまでの一連の操作をいう。その結果は,地質学,古生物学考古学,林学などに利用される。とくに地質学や考古学の分野では,過去の気候や植生を知るための資料として重要視される。また特定の花粉や胞子は,ある特定の地質時代にしか発見されないことを利用して,これらの花粉や胞子を含む地層の地質時代を知るために利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かふんぶんせき【花粉分析】

地層の中の花粉の種類や割合を調べ、過去の植生・気候環境などを推定すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花粉分析
かふんぶんせき

地質学的に古い地層の堆積(たいせき)物に含まれている花粉を調べる方法。花粉の外壁は分解されにくいタンパク質や脂肪などの物質からなるうえに、湿原の泥炭地、池底の堆積物など分解条件の悪い所ではさらに分解されにくくなるので、他の生物遺骸(いがい)が分解されたのちも、花粉はそのまま保存されることが多い。花粉の形態は、種や属によってそれぞれの特徴を示すので、異なる深さの地層から検出される花粉を調べることによって、当時の植生、森林の状態、気候などを推定できる。しかし、マツなどの場合には、植物の種類によって花粉の生産量、散布範囲などに差があるため、採集した花粉の分布を判断するためには、植物の基礎知識を必要とする。
 花粉分析は、ポストL. von Postらにより考案され(1916)、北ヨーロッパの泥炭層での植物や気候の変遷が調査された。この結果が他の分野からの結果とよく一致したことから、広く世界的に利用されるようになった。日本でも1923年(大正12)以来、第四紀の堆積層の調査はこの方法により行われている。今日では花粉分析の結果は燃料資源の開発、海底地質の解明などにも広く役だっている。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の花粉分析の言及

【胞子】より

…胞子壁をつくるスポロポレニンは,化学的にきわめて安定した物質であるので,胞子は化石として残りやすい。そのため,埋土した胞子を調査研究する花粉分析は,陸上植物の起源,系統進化などを解明する上で有効な方法である。それによって,最初の陸上植物の胞子は同形胞子,三稜形で単純な表面模様であったこと,コケ植物やシダ植物あるいはその片方が,その大型化石が発見されていない古生代の中部シルル紀(4億1500万年前)にはすでに存在していたこと,中部デボン紀にはすでに異形胞子に分化していたことなどがわかっている。…

※「花粉分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

花粉分析の関連キーワード埋もれ木自家受粉埋もれ埋もれ木の埋もれ水埋蔵埋れ木埋もれた青春砂に埋もれる犬エングレイシャル

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone