古田 良一(読み)フルタ リョウイチ

20世紀日本人名事典の解説

古田 良一
フルタ リョウイチ

大正・昭和期の国史学者 東北大学名誉教授。



生年
明治26(1893)年11月7日

没年
昭和42(1967)年7月12日

出生地
愛知県愛知郡熱田町(現・名古屋市)

学歴〔年〕
京都帝国大学文科大学史学科〔大正7年〕卒

学位〔年〕
文学博士(京都大学)〔昭和22年〕

経歴
神戸市史編纂員、東北大教授、東北学院大教授等を歴任。この間、昭和23年東北史学会を創設。「宮城県史」「仙台市史」などの編纂にも従事。主著に「概観日本通史」「国史七論」「日本海運史概説」「東廻海運及び西廻海運の研究」「河村瑞賢」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android