コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東廻海運 ひがしまわりかいうん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東廻海運
ひがしまわりかいうん

江戸時代,東北,北陸の日本海沿岸から津軽海峡を経て太平洋岸を回航し江戸にいたる航路をいう。寛文 10 (1670) 年河村瑞賢の外海江戸回り航路の整備によって発展し,東北,北陸諸藩の蔵米天領年貢米などの輸送上重要な航路となった。 (→西廻海運 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

東廻海運【ひがしまわりかいうん】

東廻航路とも。出羽酒田など日本海沿岸の港から津軽海峡を回って本州沿いを南下し,江戸に至る航路。東北・北陸地方の幕府直轄領の年貢米,東北諸藩の蔵米を中心に運ばれた。
→関連項目廻米勝浦[市]河村瑞賢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東廻海運
ひがしまわりかいうん

東廻航路ともいい、日本海沿岸(山形県酒田(さかた))から津軽(つがる)海峡を経て太平洋沿岸を南下して江戸に達する航路をさす。江戸時代、幕府直轄領の貢米、奥羽・北国諸藩の蔵米(くらまい)を江戸に廻送(かいそう)するために開かれた。
 当初は、仙台藩はじめ津軽藩、秋田藩などは、那珂湊(なかみなと)(茨城県)ないし銚子(ちょうし)(千葉県)まで海路をとり、あとは利根(とね)川の水運を利用して江戸に達するコースをとっていた。しかし1671年(寛文11)、幕府は陸奥(むつ)領の御城米を江戸へ廻送するため、河村瑞賢(ずいけん)を起用して、従来の銚子入りからさらに房総半島を迂回(うかい)して下田(しもだ)から江戸へ至る一貫した海上ルートの開発に成功した。この航路は江戸と結び付いて発達し、1721年(享保6)奥羽・北国諸藩に対し東廻利用を奨励した。しかし太平洋の荒波と風待ち港に恵まれていなかったので、かならずしも航海安全が保証されず、西廻海運ほどには発達しなかった。[柚木 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東廻海運の関連キーワード茨城県ひたちなか市浦廻船(浦回船)江戸時代(年表)天津小湊[町]北茨城[市]千葉県銚子市潮来[町]古田 良一銚子[市]阿武隈川小名浜港古田良一小名浜鹿島灘

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android