コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古田直次 ふるた なおつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古田直次 ふるた-なおつぐ

?-1665 江戸時代前期の砲術家。
因幡(いなば)鳥取から備前岡山に転封(てんぽう)となった池田氏につかえる。荻野安重(おぎの-やすしげ)に砲術をまなび,心極(しんきょく)流を創始。寛文5年死去。七十余歳。通称は新兵衛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古田直次の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史タロンニュートン解析学フック(Robert Hooke)山鹿素行東京大空襲大阪城アン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android