コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古衣 フルゴロモ

3件 の用語解説(古衣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふる‐ごろも【古衣】

《「ふるころも」とも》
[名]着古した衣服。古着。ふるぎぬ。
「―打棄(うちつ)る人は秋風の立ち来る時に物思ふものそ」〈・二六二六〉
[枕]が砧(きぬた)でまた打つものであるところから、「また打ち」の音変化「まつち」と同音の地名「まつち山」にかかる。
「―真土山(まつちやま)より帰り来ぬかも」〈・一〇一九〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるぎぬ【古衣】

着古した衣服。古着ふるぎ。 「春をばかへすしづが-/為忠集」

ふるごろも【古衣】

〔「ふるころも」とも〕
[3] ( 名 )
着古した衣服。
( 枕詞 )
古衣をまた打って柔らかくすることから、「また打つ」の類音の地名「まつちの山」にかかる。 「 -真土山より帰り来ぬかも/万葉集 1019

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古衣の関連情報