古衣(読み)フルゴロモ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐ごろも【古衣】

《「ふるころも」とも》
[名]着古した衣服。古着。ふるぎぬ。
「―打棄(うちつ)る人は秋風の立ち来る時に物思ふものそ」〈・二六二六〉
[枕]が砧(きぬた)でまた打つものであるところから、「また打ち」の音変化「まつち」と同音の地名「まつち山」にかかる。
「―真土山(まつちやま)より帰り来ぬかも」〈・一〇一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるぎぬ【古衣】

着古した衣服。古着ふるぎ。 「春をばかへすしづが-/為忠集」

ふるごろも【古衣】

〔「ふるころも」とも〕
[3] ( 名 )
着古した衣服。
( 枕詞 )
古衣をまた打って柔らかくすることから、「また打つ」の類音の地名「まつちの山」にかかる。 「 -真土山より帰り来ぬかも/万葉集 1019

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android