古都メクネス(読み)ことメクネス

世界遺産詳解の解説

ことメクネス【古都メクネス】

1996年に登録された世界遺産(文化遺産)で、モロッコの中北部メクネス州にある。メクネスは、9世紀に軍事拠点として建設され、17世紀後半のスルタン、ムーレイ・イスマーイールの時代に繁栄した。1672年にアラウィー朝のスルタンとなったイスマーイールはメクネスに都を置き、50年余に及ぶ長い統治時代に次々と巨大な城壁、壮大な門、穀物倉庫などを造った。西洋諸国とも積極的に交流したイスマーイールは、フランスのルイ14世に傾倒し、ベルサイユ宮殿をとても好んだ。イスマーイールの死後、メクネスは衰退し、歴史の舞台はマラケシやフェスへと移っていく。町に残るマグレブの都市建築様式、すなわち、ヨーロッパとイスラムの様式を融合させたスペイン・ムーアスタイルの建築物群には、17世紀の町の繁栄が偲ばれる。このような魅力が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHistoric City of Meknes

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android