古都メクネス(読み)ことメクネス

世界遺産詳解の解説

ことメクネス【古都メクネス】

1996年に登録された世界遺産(文化遺産)で、モロッコの中北部メクネス州にある。メクネスは、9世紀に軍事拠点として建設され、17世紀後半のスルタン、ムーレイ・イスマーイールの時代に繁栄した。1672年にアラウィー朝のスルタンとなったイスマーイールはメクネスに都を置き、50年余に及ぶ長い統治時代に次々と巨大な城壁、壮大な門、穀物倉庫などを造った。西洋諸国とも積極的に交流したイスマーイールは、フランスのルイ14世に傾倒し、ベルサイユ宮殿をとても好んだ。イスマーイールの死後、メクネスは衰退し、歴史の舞台はマラケシやフェスへと移っていく。町に残るマグレブの都市建築様式、すなわち、ヨーロッパとイスラムの様式を融合させたスペイン・ムーアスタイルの建築物群には、17世紀の町の繁栄が偲ばれる。このような魅力が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHistoric City of Meknes

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android