コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叩き鉦 タタキガネ

デジタル大辞泉の解説

たたき‐がね【×叩き×鉦】

仏具の一。念仏のとき、座に伏せて撞木(しゅもく)でたたき鳴らす鉦。伏せ鉦鉦鼓(しょうこ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたきがね【叩き鉦】

仏具の一。念仏のとき、下に置いて撞木しゆもくでたたき鳴らす鉦。鉦鼓に似た平たい椀状で、伏せて使う。伏せ鉦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android