召し次ぎ/召し継ぎ(読み)メシツギ

デジタル大辞泉の解説

めし‐つぎ【召し次ぎ/召し継ぎ】

取り次ぎをすること。また、その人。
「ただ舎人(とねり)二人―として」〈竹取
院の庁東宮摂関家などで、雑事を務め、時刻を奏した下級職員。
「―、舎人などの中には」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android