台割(り)(読み)ダイワリ

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐わり【台割】

〘名〙
① 雑誌・図書の印刷で印刷機が一回転して刷り上げる紙面に載せるページ数の割り振り。
② 編集用語。①で割り振られたページ数の組合せにより雑誌・図書を編成した際の、その順序、またはそれによる担当。〔校正ハンドブック(1958)〕

だい‐われ【台割】

〘名〙 取引相場で相場が値下がりして、それまでの相場の下の台に落ちること。たとえば、八〇円台から七〇円台に落ちるなど。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉手形の手品師「二度も台割(ダイワ)れのした不景気な株を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android