台湾猿(読み)タイワンザル

大辞林 第三版の解説

たいわんざる【台湾猿】

オナガザル科の哺乳類。体色は灰色がかった褐色。頭胴長50センチメートルほど。山地や海岸近くの岩地にすみ、果実・種子などや貝・カタツムリなどを食べる。台湾に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいわん‐ざる【台湾猿】

〘名〙 オナガザル科の哺乳類。台湾特産のサルで、ニホンザルに近縁体長約五五センチメートル、尾は太く長い。全身暗褐色で、顔は淡赤色を帯びる。平地から山地の森林に群生し果実木の葉などを食べる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android