台糖[株](読み)たいとう

百科事典マイペディアの解説

台糖[株]【たいとう】

準三井系の大手精糖会社。〈スプーン印〉で知られる。1900年台湾提督児玉源太郎が,三井合名(三井財閥参照)の賛助を得て台湾製糖を設立。敗戦に伴い台湾の全事業を喪失したが,1946年に在外会社の国内新設が認められ,新日本興業として再発足。同年,大東殖産に改称。1950年に現社名に改称。戦後は精糖業のみならず,製薬部門にも進出。1955年には米チャールズ・ファイザー社と合弁で,台糖ファイザーを設立。健康食品を開発中。本社東京,工場神戸。2003年資本金31億円,2003年3月期売上高262億円。売上構成(%)は,食品97,その他3。2005年4月新三井製糖と合併し,三井製糖となった。→製糖業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の台糖[株]の言及

【砂糖】より

…しかし日本で本格的な近代的製糖業が始まったのは,日清戦争の結果,台湾が日本の領土となってからである。1900年には台湾製糖(現,台糖)が設立されている。この台湾における製糖業は,植民地経営の主軸となり,大規模な奨励策をうけて生産能力は飛躍的に拡大し,40年代には産出量が年間150万t以上になり,国内消費量(120万t)をこえ,完全な過剰生産になるまでに至った。…

※「台糖[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android