台風の目(読み)タイフウノメ

  • たいふう
  • の 目(め)
  • 台風

デジタル大辞泉の解説

台風の中心の、風が弱く、雲が切れた区域。台風(たいふうがん)。 秋》「梯子(はしご)あり―の青空へ/三鬼
激しく動いている物事の中心にあり、それを引き起こす原因となっている人や物。「今大会で台風の目となる選手」
[補説]書名別項。→台風の眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 台風の中心付近にある、風が弱く雲の少ない円形の区域。普通直径数十キロメートル。台風眼(がん)
※野火(1951)〈大岡昇平〉八「私がさまよひ込んだ丘陵地帯は、〈略〉各作戦地区を頂点とする三角形の中心に近く、いはば颱風の眼のやうに無事であった」
② 転じて、激しく動いている物事の中心にあって、それを引き起こす原因となっている人や物。
※囮(1964)〈梶山季之〉機密情報「この三人が、台風の目なのだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の台風の目の言及

【台風】より


【台風の構造】

[台風内の気圧分布]
 発達した台風における地上(海上)での気圧分布は,天気図でよくみるように中心に近い所で等圧線の間隔が非常にこんだ同心円状の分布をしている。中心付近のいわゆる台風の目の中では気圧傾度は小さい。台風内の気圧分布を表す近似式としてはPP-⊿p/(1+r/r0)αがある。…

※「台風の目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台風の目の関連情報