コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台風の目 タイフウノメ

2件 の用語解説(台風の目の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいふう‐の‐め【台風の目】

台風の中心の、風が弱く、雲が切れた区域。台風眼(たいふうがん)。 秋》「梯子(はしご)あり―の青空へ/三鬼
激しく動いている物事の中心にあり、それを引き起こす原因となっている人や物。「今大会で台風の目となる選手」
[補説]書名別項。→台風の眼

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいふうのめ【台風の目】

台風の中心部で、直径数十キロメートルほどの風の静穏域。台風眼。
激動する物事の中心にいて、影響を与えている勢力や人物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の台風の目の言及

【台風】より


【台風の構造】

[台風内の気圧分布]
 発達した台風における地上(海上)での気圧分布は,天気図でよくみるように中心に近い所で等圧線の間隔が非常にこんだ同心円状の分布をしている。中心付近のいわゆる台風の目の中では気圧傾度は小さい。台風内の気圧分布を表す近似式としてはPP-⊿p/(1+r/r0)αがある。…

※「台風の目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

台風の目の関連キーワード雨台風台風の上陸頭が切れる油が切れる息が切れる風津波断線手が切れる元値が切れる本が切れる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台風の目の関連情報