コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右江渭北 みぎえ いほく

1件 の用語解説(右江渭北の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

右江渭北 みぎえ-いほく

1703-1755 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)16年生まれ。大坂の人。松木淡々の門下。享保(きょうほう)の末ごろ出羽(でわ)秋田に滞在。以後江戸にうつり与謝蕪村(よさ-ぶそん)らとまじわり,前田青峨(せいが)にまなぶ。元文4年万句興行を主催し,「江戸廿歌仙」「東風流(あずまぶり)」の刊行に協力した。宝暦5年4月11日死去。53歳。別号に麦天,渭江,時々庵。編著に「若俵(わかだわら)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

右江渭北の関連キーワード忠海鶴屋南北グラウン(兄弟)小野寺十内竹本座ホメオパシー大阪の製鏡業犬や猫の殺処分アルファマ尾崎雅嘉

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone