合唱音楽(読み)がっしょうおんがく(英語表記)choral music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合唱音楽
がっしょうおんがく
choral music

合唱で歌われ,そのために作曲される音楽。人間の自然な声によるため,器楽合奏に比べて音域などの制限はあるが,親しみやすく重厚な表現力をもつ。西洋ではルネサンスのポリフォニーの技巧の完成に伴って,ミサ曲やモテトなどに,まずア・カペラのすぐれた合唱音楽が現れた。同時代の多声のシャンソンやマドリガルは,合唱の形態のほか,ソロ・アンサンブルで歌われることも多かった。 16世紀末から器楽伴奏の複合唱様式が登場し,壮大な響きと色彩的な効果が追求される。バロック期の合唱音楽の主軸となったのは,オラトリオ,受難曲や合唱カンタータである。特にヘンデルのオラトリオは,その後 19世紀まで大きな影響を与え続けた。グルックのオペラ改革以後,オペラの合唱曲は次第にドラマティックな色彩を帯びるが,ロマン派の市民的な合唱運動を支えたのは,主として抒情的な合唱リートと叙事的なオラトリオである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合唱音楽の関連情報