コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合唱音楽 がっしょうおんがくchoral music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合唱音楽
がっしょうおんがく
choral music

合唱で歌われ,そのために作曲される音楽。人間の自然な声によるため,器楽合奏に比べて音域などの制限はあるが,親しみやすく重厚な表現力をもつ。西洋ではルネサンスのポリフォニーの技巧の完成に伴って,ミサ曲やモテトなどに,まずア・カペラのすぐれた合唱音楽が現れた。同時代の多声のシャンソンやマドリガルは,合唱の形態のほか,ソロ・アンサンブルで歌われることも多かった。 16世紀末から器楽伴奏の複合唱様式が登場し,壮大な響きと色彩的な効果が追求される。バロック期の合唱音楽の主軸となったのは,オラトリオ,受難曲や合唱カンタータである。特にヘンデルのオラトリオは,その後 19世紀まで大きな影響を与え続けた。グルックのオペラ改革以後,オペラの合唱曲は次第にドラマティックな色彩を帯びるが,ロマン派の市民的な合唱運動を支えたのは,主として抒情的な合唱リートと叙事的なオラトリオである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

合唱音楽の関連キーワードバッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻/piano solo東京混声合唱団グリー・クラブイギリス音楽津川 主一岩城 宏之プーランクスイス音楽ア・カペラ間宮芳生モテットハスラーフォーレ黒人霊歌音楽祭石井歓ペルトブリス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合唱音楽の関連情報